GDCL-10kAインパルス電流発生器

GDCL-10kAインパルス電流発生器

簡単な説明:

インパルス電流発生器は、主に雷インパルス電流8 /20μsを発生させており、サージアレスタ、バリスタ、その他の科学研究試験の残留電圧の測定に適しています。


製品の詳細

製品タグ

作業環境

●●環境温度:-10℃〜40℃
●●関連する湿度:≤85%RH
●●高度:≤1000m
●●屋内での使用
●●導電性のほこり、火災や爆発の危険、腐食性の金属や絶縁ガスはありません。
●●電源電圧波形は正弦波、歪み率<5%
●●アース抵抗は1Ω以下です。

応用標準

IEC60099-4:2014サージアレスタ-パート4:ACシステム用のギャップのない金属酸化物サージアレスタ。
GB311.1-1997HV送電と変換の絶縁調整。
IEC60060-1高電圧試験技術-一般的な試験要件。
IEC60060-2高電圧試験技術-測定システム。
GB /T16896.1-1997高電圧インパルステストのデジタルレコーダー。
DLT992-2006インパルス電圧測定のルールの実装。
DL / T613-1997輸入されたACギャップレス金属酸化物アレスタの技術仕様。

基本原則

LC回路とRL回路を使用することにより、充電されたコンデンサCは、インダクタンスLと抵抗Rを介して非線形抵抗負荷に放電し、標準要件に準拠したインパルス電流を生成します。

The Basic Principle

主な仕様

●●電流波形:8 /20μs
●●定格電流:10kA
●●着火方法:空気圧変位排出ボール距離。自動制御、手動制御。
●●現在の極性:正。波形表示:電流負;残留電圧-正。
●●電流測定:ロゴスキーコイル(0-50kA)、精度:1%。
●●残留電圧測定:抵抗分圧器(0-100kV)、精度:1%
●●全体の測定精度:3%
●●波形表示:オシロスコープ(Tektronix)およびPC。
●●オシロスコープとコンデンサの充電電圧は、1つのキーでPCに設定されます。
●●データストレージ:PC上。測定データと波形はオシロスコープで収集され、USBポートを介してPCに自動的に送信され、コンピュータのハードディスクのプリセットフォルダにExcel形式で保存されます。
●●安全保護:過電圧、過電流、アクセス制御リンケージ、緊急停止、自動接地。手動接地バーを装備:運転員は、発電機本体に接触する前、波形抵抗器の交換、試験対象物の交換、修理などの前に接地バーを放電し、接地バーを本体のHV端に接続する必要があります。
●●接地抵抗:≤1Ω
●●電源:220V±10%、50Hz;容量10kVA

メインコンポーネント

充電ユニット
1)充電方法:変圧器一次側のLC回路に定電流を流した半波整流。一次側には短絡/過負荷保護があります。
2)高電圧整流ダイオード:逆電圧150kV、最大。平均電流0.2A。
3)変圧器の一次電圧220V、二次電圧50kV、定格容量10kVA。
4)充電保護抵抗器:エナメル抵抗線は、絶縁管に誘導的に密に巻かれています。
5)定電流充電装置:定格充電電圧10〜100%以内、充電電圧の調整精度は1%、実際の充電精度は1%以上です。
6)コンデンサの電圧監視:DC抵抗分圧器はガラスウラン抵抗と金属膜抵抗を使用します。低電圧アームの電圧信号は、シールドケーブルによって測定システムに送信されます。

排出ユニット
1)自動接地装置:試験を停止した場合、またはその他の理由でアクセス制御が開いた場合、高電圧端子は保護抵抗器によって自動的に接地され、迅速に放電されます。
2)排出装置は、コンパクトな構造、強力な伝達安定性、信頼性の高い動作を備えた空気圧ソレノイドバルブの分離および接地メカニズムを採用しています。
3)放電球は、耐熱性と大電流に強いグラファイト製です。
Impulse Current Generator3
発生器
1)4つのエネルギー貯蔵コンデンサは2つのグループに分けられ、それぞれ絶縁されたシャーシブラケットに配置されます。波面インダクタンスと波端抵抗はそれぞれ対応する位置に固定されており、シンプルで、クリアで、しっかりしていて、信頼性があります。
2)試験対象物のクランプ装置は空気圧プッシャーで強化されています。
3)点火装置は、空気圧部品を採用して、孤立したボールの距離を移動し、ボールギャップから排出します。これは、安定した信頼性の高いものです。

測定器

1)残留電圧:抵抗分圧器、非誘導抵抗、高精度、最大。電圧は30kV、1pc75Ω測定ケーブル、5メートルを装備。
2)電流:最大電流100kAのロゴスキーコイルと1pc75Ω測定ケーブル、5メートルを使用。
3)オシロスコープ:Tektronix DPO2002Bを使用、サンプリングレート1GS / s、100MHzブロードバンド、2チャネル。
4)ソフトウェア:ICGインパルス電流測定システムを搭載し、データと波形の読み取り/保存および計算機能を備えています。
10kA Impulse Current Generator1コントロールユニット
1)テーブルタイプのワークベンチにより、操作スタッフが座ったまま操作できるので便利です。
2)キャビネットには可動キャスターと固定サポートが装備されており、移動と位置決定が容易になります。
3)制御システムの最適設計、ユーザーフレンドリーなインターフェース、わずか3つのボタン(充電、放電、点火)とバンドスイッチ(4つの波形変換)、高信頼性、シンプルな構造、操作とメンテナンスが簡単。
4)オシロスコープの設定はコンピュータで制御され、1つのキーで完了します。これにより、複雑な手動操作が回避されます(オシロスコープには多くの機能があり、専門家以外では制御が困難です)。
5)コンデンサの充電電圧は、明確なインターフェースと簡単な操作で、コンピュータによって制御されます。
6)オシロスコープがコンピュータとの通信接続を確立し、測定データと波形がコンピュータに自動的に保存され、Excelドキュメントが自動的に生成されます。
7)制御システムの電源:変圧器とフィルターによって絶縁されています。
8)保護:過電圧、過電流、アクセス制御リンケージ、緊急停止、自動接地など。

測定分析ソフトウェア

インパルス電流試験用に開発された解析ソフトウェアは、オシロスコープとの通信により波形とデータを自動的に読み取り、IEC1083-2規格の測定方法に従って波形を評価することができます。電流ピーク、電圧ピーク、波面時間、波端時間が自動的に計算され、テスト波形とともにコンピュータ画面に表示されます。

データと波形を自動的かつ継続的に保存できます(テストサイトでのランダム撮影)

Measurement Analysis Software


  • 前:
  • 次:

  • 私たちにあなたのメッセージを送ってください:

    ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください

    製品カテゴリ

    私たちにあなたのメッセージを送ってください:

    ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください